読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPACE ANTENNA SEVEN

フリーランスナレーター&DJ nanakoのブログです。

音楽の聴き方について

平生 MUSIC

先日、今沢カゲロウさんに

「表現が凝り固まらないように月に無作為に60曲新曲を聴くようにしている」

というお話を伺いまして


私もDJとして、もっと幅広い音楽の聴き方をしないとなぁ・・・
と自分が普段どのように音楽を聴いているかを見直してみました。


スタジオで洋楽、邦楽の新曲は自然に耳に入る状況ですし、自分もかけますし、リクもいただきます。
タイムラインに流れてきたMV等のリンクはその場でチェックするし、気になったアーティストはyoutubeでチェックして、関連動画をたどったり

で、あれ、月に60曲は聴いてる。
なんでこんな「聴いていない」ような感じがするんだろう。

 

ひとつ思い当たるのは、「アーティスト名」「楽曲」「ジャンル」が紐づいて記憶に残っていない。
あと、好きなアーティストの曲は何回も聴くけど、そのほかは好きな曲でも聞き流してるかも。


というわけで、60曲という数字の目標はそのままにしておいて、
曲名とアーティストをリンクさせること、また自分がその曲を聴いてどう思ったのか、あたりを意識して聴こうと思います。


子供のころは自然にそうやってたように思います。
昔は今みたいに、音楽の単価は安くなく、有線やラジオで流れた曲も、リアルタイムでネットで調べられる環境がなかったので、
ひと聴き惚れした曲を忘れないようにフレーズ切り取って何度も脳内で再生したり、譜面を起こしたり(昔は出来たんだよなあ)、必死に食らいついてましたが、今はそういうがっつきが音楽に対して必要ないですもんね。

 

現代の音楽の聴き方として、必ずしも悪いとはいえない変化だと思いますが、
職業的にももう少し音楽と密接に関わっていきたいと改めて思いました。

 

「音楽をよく聴く」
今年の目標の一つです。

 

 

【1月のマンスリーレコメンド】HEIZE/And July

MUSIC RADIO

'91年生まれのフィメールラッパーHEIZE(ヘイズ)ちゃんです

 

新年最初のレコメンどうしよ、と思っていたところ、トラックメーカー、プロデューサーとして有名なTofubeatsさんがテレビ番組、関ジャムで「2016年の名曲ベスト10」の5位にHEIZEちゃんを推してたので、

なんと!これは、ラジオでも推さねば!と。

(ここでDeanに行かなかった俺をほめてくれよな!)

 

HEIZE - And July (Mini Album) [韓国盤]

HEIZE - And July (Mini Album) [韓国盤]

 

 アルバム自体は昨年2016年7月に発売されたものです。

 

テレビの後追いかよ、って思われるかもですが

テレビ程の宣伝効果はなくとも、ラジオの利点はテレビほどの集中力をリスナーは要さずにマルチタスクで楽しめるところではないですか。

大事なんですよ、聞き流せるメディアで畳み掛けることが笑

 

www.youtube.com

HIPHOP、R&Bジャンルの曲調がメインです。

え、ラッパー?ってくらい歌のウェイトも大きいですね。

 

私は男性女性にかぎらずラッパーののどを絞るような、声質によってはダミ声になってしまう発声が好きじゃないんですが、

HEIZEちゃんは変にスクイズしない、歌うのと変わらない声のままで、とっても存在感のあるラップです。 

 

 EXOのチェンともさらっとコラボをしてました。

www.youtube.com

 謎シチュエーション。

 

こういうシティサウンドって甘酸っぱく感じるのですが、最近HIPHOP同様KPOPの主流になりつつあるように思います。

 

マンスリーレコメンドは、すまいるエフエム毎週月曜日「おかえりすまいるにて、17時50分ごろからオンエアしてます。

レコメンタイトルもゆる~く募集中です♥

nax2ko.hatenablog.com

 

 

 

初詣とお肉

1月7日(土)は初詣行ってきました。

f:id:nax2ko:20170109042150j:plain

 

お大師さま名物

「ゆっくりすすんでくださーい」(謎の長音)

f:id:nax2ko:20170109042309j:plain

今年も見られてよかったです。

ご利益あったと思う。ありがとうございます。

 

お寺の人いわく、今年は今日が一番混んでる、とのことでしたが、

本殿裏手の薬師殿(最近出来た)はガラッガラの詣で放題でしたよ。

f:id:nax2ko:20170109042205j:plain

ある意味穴場です。

 

そして帰りに銀座でお肉を食べさせてもらいました;;

f:id:nax2ko:20170109042136p:plain

このイケメンが焼いてくれた!!!

 

松坂牛のロース。

f:id:nax2ko:20170109042141p:plain

口に残る油の後味で白飯1膳イケるくらい肉の味が濃い。

直ちに安い肉を食べて味覚補正をしないと、この先出会うほとんどの肉が色あせたものになってしまうのでわないか・・・!

早く!早く豚コマを・・・

と不安になるくらいおいしかったです。

あ、豚コマも大好物です^^

 

 七草粥もいただきましたが、半月分くらいの油分と塩分を一日で摂取してしまった。

f:id:nax2ko:20170109043150j:plain

 

私がたべたご馳走関連はインスタにまとめてあるんですけど、嬉しかったのでFBでもツイッターでもブログにも書いてしまった。

 

ほんとにご飯の写真しか載せないけど、インスタよかったら覗いてみてください。

覗かなくてもいいです。楽しいの私だけなんで。

www.instagram.com

 

名前の由来はこれです。

f:id:nax2ko:20170109073924j:plain

 

 

 

 

 

JONGHYUN-X-INSPIRATIONライビュ行ってきました

MUSIC REPORT

2016年12月3日JONGHYUN-X-INSPIRATIONのライビュに行ってきましたよ。

nax2ko.hatenablog.com

と、ちらりと書いたんですが。

こちらで本当にちらっとだけ触れたジョンヒョンのソロコンサートのライビュ参戦について。

やっぱも少し書きたいなあと、備忘録も兼ねまして。

 

前回2015年のAGITは、部屋のような、バーのような狭い空間を生かしたセットの中で、ジョンヒョンの歌にひたすら酔いしれる、といったステージでしたが、2016年のInsptationは大きな会場で複数のサブステージがあり、鎖につながれた状態でクレーンで運ばれて登場でした(笑すまん

今回のライブはパフォーマンス優先で、歌がリップシンクだったり、がっつりダンスを踊ったり、
シンガーソングライターとしてのジョンヒョンではなく、パフォーマーとしてステージに立っていたように感じたことが意外でした。

 

SHINeeというアイドルグループとしての活動、JPOPを歌う日本での活動もすべて、自分の感性だけではたどり着けないもので、音楽家として刺激をもらっている(出典しらべます^^;)みたいなことも言っていたので、
常に試行錯誤をして、今あるリソース、思いの丈もすべて表現に出し切る!作演出主演全部俺!!といった感じで・・・・ラスト号泣してましたが、そら泣くよなあ、というくらいジョンヒョンが詰まったものだったのだと思いました。

 

今回のライブはグループでの活動も含めてこれまでやって来たことのポートフォリオみたいでした。

ジョンヒョンの歌にあえて特化しない、ジョンヒョン博覧会を見てる様でもあり楽しかったです。

 

アンコール、生歌での【暖かい冬】は
「泣いて歌えないからみんなで歌ってほしい」と会場にいいつつも、泣きながらしっかり感情を歌に乗せてくれました。
涙で声がマイクに乗らなかったり、語尾が落ちたりしても、想いがあれば表現は成立するんですよね。
何を持ってそれを口にするのか。何を思って歌うのか。それが一番伝わってきた気がするこの歌が今回一番良かったです。

でもやっぱ、泣きながらもうまかったですけどね!

いずれも揺ぎ無い基礎力があってこそ。

焼き切れるような感情の波も歌に乗せる、引かない表現はジョンヒョンのものだなあと思いました。

 

f:id:nax2ko:20170107052756j:plain

パールアクアグリーンの海を歩くジョンヒョンは、どこにいようとSHINeeのジョンヒョンであり、一人の自立したアーティストなのだと、思いました。

本人的には、アイドルであり作家であり、というところに区切りなぞないのかもしれません。

勝手にそういうプライドがあるのかと思っていたのですが、結局本人の気持ちは本人にしかわかりませんし

彼が降ろしてくれるものをありがたく受け取ろうと思います。

 

ライビュはなかったけど、釜山公演にはオニュが来たとか。
そんな気軽にいけるの!?とソウル釜山間の距離を調べてみたら約400km。遠いwww
ボーカルラインの不思議な絆を感じました。一曲くらい歌っていけばいいのに。
いつかオニュとジョンヒョンのプロジェクトも見たいものです。

 

f:id:nax2ko:20170103052613j:plainななこの7(嬉)

 

最後に、映像、ダンスいたるところに「あ、これは情事ですね^^」という演出がありまして、それは結構なんですが、自分が考えるイケてる自分なのか、性的な目で見てほしいです!というアプローチなのか、欲求とかそんなんじゃなくて「美しいでしょ?」「芸術的でしょ?」というメッセージなのか、よくわからなくて混乱しました。ちょっと酔った。
個人的には服着てたほうが好きです。

裸に剥かれたり、縛られたりつるされたり、忙しい人だなあ、というところから自分の感想が一歩出てこないですw

年齢がそこそこ離れてるからでしょうか。産めるほどではないんですがw

 
そんなセクシー過剰供給の中にAGITの時にはなかったコメディベースのVCRがあったのは、よいバランスだと思いました。
SHINeeの匂いがしました(笑)

 

さらに個人的に、彼には浮世からの乖離みたいな孤独みたいなものを感じるときがあるのです。
そういう類を歌うときはだいたい服を着ていることが多いので笑
そっちのほうが好きです。
得られないもの、あっても手を伸ばさないもの、掴めないものを想って歌うジョンヒョンはそれはそれでセクシーだと自分は思います。

だんだん妄想度が増してきたので、この辺で。

 

しぶんぎ座流星群&今年の天文イベント情報

WORK 宇宙

新年最初の天文イベント「しぶんぎ座流星群

ダメでしたね。

f:id:nax2ko:20170105005842j:plain

その1日、2日と晴れてたからイケると思ったんですが。

3日だけ曇りで、4日はまた晴れというのも・・・はらたつw

 

今年も派手な天文イベントはありませんが、目玉は8月の部分日食でしょうか。

近々だと2月17日の「金星最大光度」ですね。

といっても、金星光度も徐々に増していくので「最大」といわれてもピンとはこないでしょうが、-4.6等級に輝く金星はまさに美の女神ビーナスの名前にふさわしい美しさです。

2017年最初の満月は1月12日ですよ。

 

ちなみに、私のお仕事用の名刺の裏は天文カレンダーになっています。

スペースの関係もあり網羅してないので、「肉眼で見えるもの」「分かりやすいもの」を乗せています。

f:id:nax2ko:20170105010349p:plain

「村串奈々子がオススメ」とかいてあるので、天文関係の方には逆に渡しづらい代物となっておりますw

もしお持ちの方は、天文イベントが来るたびに私のことを思い出してくださいね。

(そしてお仕事ください^^)

 

また、国立天文台の「ほしぞら情報」のウェブサイトには年間の天文カレンダーが解説月で掲載されています。

情報量が多いので、見慣れるまで大変かもですが、こちらこそ「村串奈々子がオススメ」です笑

www.nao.ac.jp

 

 

あけましておめでとうございます

MUSIC REPORT

あけましておめでとうございます。

 

今年は日本で過ごすことになり、結局agehaのカウントダウンに行ってしまいました。

f:id:nax2ko:20170102213928j:plain初日の出かと思った。


メインフロアはR3HAB、中田ヤスタカ、banvoxと騒乱の宴でしたが、自分的にハードハウスのサブフロアが至高でした。

 

でも年越しは適当に空いてるフロアにいたおかげでavicii/waiting for loveで迎えるというベタな・・・笑

www.youtube.com

 

f:id:nax2ko:20170102213557j:plain

ハードハウスブースでは、SHINKAWAサンがいいかんじにくたびれた(失礼)イケメンおじさんになっておっさん好きの私はテンションあがりました。

LGBTオンリーフロアだったんだけど、「ノンケはいってくんじゃねーよ」てより「ノンケが見て怖がらせたらダメだし」みたいなニュアンスのドアチェックでした。

LGBTといっても中はゲイの人たちばっかで、最初見られたけど、冷やかしではないと伝わったのか意にも介されず、たまにしゃべりかけてくれる人もいて、ナンパがないので非常に快適でした。

 

でもSHINKAWA出るなら入れろ!という凸が結構あったそうで

「びっくりしたーSHINNKAWAさんてノンケに人気あるのね~」ってお若いGOGOさんが言ってましたw

そらSHINNKAWAていったら90年代ハウスの売れっ子DJさんですもんね。

 

自分も久しぶりにクラブでしっかりハードハウスで踊って、青春がよみがえりましたw

今年は懐古厨と言われようが地に足のついたクラブ活動をしてこうと思います。

そしてお仕事と音楽と宇宙にさらにまみれていこうと思います。

 

ドアのGOGOさんとは結構しゃべったんだけど、私が派手だから外国人だと思ったとのことで、最初英語でしゃべりかけられて、

私は私でタイとかの子かと思って、二人とも互いに日本人なのに気づかず片言の英語でしゃべってました。

もう2017年はビジュアルの方向性を「派手な外人」でいこうかと思います。

要検討ですね。

 

2016年は良い意味で今までの価値観が180度変わるような出来事があり、私の人生が今までにないサイクルにはいった!と感じたいい年でした。

今年は7の年なので、さらにさらに良い年になる気がして仕方ありません。笑

2017年もどうぞよろしくおねがいします🐣🐤💨


nanako拝

 

f:id:nax2ko:20170102213535p:plain

 



12月26日の「おかすま」ゲストに今沢カゲロウさんをお迎えしました~!

MUSIC RADIO

今沢カゲロウさんのゲストで今年最後の「おかえりすまいる」お届けいたしました。

お聞きいただいた方ありがとうございました!

 

スタジオでの生演奏にトラブルがありましたが超絶技巧のベースとパーカッションのライブ、めちゃくちゃかっこよかったですね~!

(大変失礼しました!リハでは音でてたんですが;)

 

Blue Moon

Blue Moon

 

 今回はニューアルバムのBlue Moonのプロモーションでお越しいただいたのにも関わらず、アルバムの話よりも、自分の興味の赴くままに質問をぶつけてしまいました。

今沢さんも「今までこういう話はしたことがなかった」といってくださいましたが、いかがでしたでしょうか。

 

f:id:nax2ko:20161228153859j:plain

今沢さん、森羅万象に対して多彩なアンテナと、とっても精密なチューニング感覚をお持ちで、お話いただくすべてが刺激的でした。

ベーシストとしてはもちろん、作曲家、大学教授、昆虫愛好家と多彩な活動ジャンルを経て、子供のころに描いた「理想のベーシスト像」に近づいているのだそうです。

ぶれない強靭な軸があるからこそ、すべての活動を「音楽家、今沢カゲロウ」に帰結させることができるのでしょうか・・・とっても知的でパワフルでベーシストでありながら、哲学者さんのような印象も受けました。

(著名な哲学者や学者にピアノ、ヴァイオリンの名手も多いという話を思い出してました)

 

それから今沢さんの絶対BPMの話、昆虫をつかった音源の話

ライブでは今沢さんの正確なBPM感覚がショーのようにもてはやされることもあるが、それは誤解で、メトロノームはあくまでガイドであって人間が生み出すグルーヴがなければ意味がない。

昆虫の音をよく楽曲に使用するが、ポリシーとしてサンプリングした音を音楽的にいじることはしない、発声器を持つ虫、羽を振動させて音を出す虫、だいたい頭の中でどの音で鳴るかがしみこんでいるから、自然に楽曲の中に活きてくる。

などなどなど・・・

この精細な聴覚、体内感覚、世界がどのように見えているのかを、少しお聞かせいただいただけでも、異次元を覗かせていただいたような体験でした。

 

DJとしてとっても印象深かったのは、ひとつの場所に凝り固まらないように、自分の興味、好みとは関係なく月に60曲、ジャンルを問わず楽曲を聴いているという・・・(もしかしたらCM中だったかな?)

私そんな聴いてない^^;

今は音楽を湯水のように浴びられることもあり、一曲の価値をどのように自分の中にとどめるかという葛藤もあります。

その中で、まさにその一曲一曲をどこまで深く取り込めるかというところに60曲という音楽との関わり方の答えもあるのでしょうね~私は音楽家ではないのですが、実践してみます!

今沢カゲロウさん、お会いできて本当に嬉しかったです。

ありがとうございました~!

 

今沢カゲロウさんのオフィシャルリリースはこちらから↓

www.quageroimazawa.com

 

そして、2016年最後のおかえりすまいるでした。

11月からスタートして2ヶ月とにかくバタバタでした^^;

たくさんの方に番組にご参加いただけて嬉しかったです。

メール、リクエストにお答えできる量が、そのときの番組の内容によって大きく変わってしまいますが、できる限りご紹介してきたいと思いますので、引き続き2017年もお楽しみいただければ幸いです^^

来年もどうぞよろしくお願いいたします!