読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPACE ANTENNA SEVEN

フリーランスナレーター&DJ nanakoのブログです。

中秋の名月でファーストライト

天体望遠鏡を追加入手したのが9月27日(土)でした。

この日もひさびさの晴れだったのですが、夜雨がふったりもしたので、覗けるのは当分先かなーなんて思っていたのですが・・・

 

翌日9月28日、まさかの晴れ曇りで、しかも中秋の名月ということで、めでたくファーストライトの運びとなりました。

 

雲がかかる月もまたいいもんです。

f:id:nax2ko:20151005024627j:plain

恩田さんに協力してもらって、30分程でピント合わせ成功。

ビクセンのフリーストップ(動かしたい方向に自由に動かして、ピタっと鏡筒が止まる機能)はやばい!便利です。

 

月の足が速くて、見てるそばからどんどん視界から外れていっちゃうのですが、

そのつどハンドルで微調整をして、月をおっかけることで

天体の動きをトレスして、ひいては宇宙の法則を少しだけフィードバックしてるような不思議な気分になりました。

 

「初心者は赤道儀ではなく経緯台から扱え」という格言が腑に落ちました。なるほど。

 

天体望遠鏡と、スマホカメラでとった月。

f:id:nax2ko:20151005024710j:plainこんなに綺麗に撮れるとは。

右下に色収差がでてますが、これもまたよし。

いつか、この色収差が嫌だ!と反射式とか、アポクロマートの望遠鏡に手をだす日がくるのでしょうか。

 

肉眼での観測で十分と思っていたけど、観測器具でさらに宇宙が近くなります。

「宇宙がさらに近くなる」なんてありすぎて食傷感のあるコピーですけど、

ほんとそうだからそういうしかないなぁと思いました。

 

中秋の名月がファーストライトなんて、なんかスペシャル感あるよねー。

末永くどうぞよろしくお願いします。

 

※ファーストライトという表現について

このブログ内では「初めて天体望遠鏡を星空に向けること、天体を映すこと」の意味合いで使ってますが、厳密には違うと思うのでぐぐってつかーさい。