SPACE ANTENNA SEVEN

フリーランスナレーター&DJ nanakoのブログです。

SHINee WORLD 2017~FIVE~ Special Editionに行ってきましたよ

SHINeeの東京ドーム公演行ってきました。

f:id:nax2ko:20170912151446j:plain

看板がデジタルサイネージになりました。

 

SHINeeのリーダー、オニュが欠席でした。
開演して、ほんとにいねェ…、と号泣。
ほとんどの曲で、フォーメーションを調整せずオニュのポジションはぽっかりあいたままで。
だからこそオニュの居場所はここにあるんだと、思えたのも確かで。

感想としてはSHINeeの底力を見た、という感じです。
オニュの欠席の発表が公演の5日前とかなり急だったので、物理的にも精神面でも準備は間に合わなかったでしょうね
どこか迷いと不安を隠しきれない1日めと、吹っ切れたように4人で空間を埋めた2日目両日行けて良かったと思います。

 

内容は、変更があってああだったのか、元からああだったのか、さて??と戸惑うくらいアリーナツアーと代わり映えせず、ムービングステージはあったものの。
やっぱりアリーナツアーの構成いいなあ、と思いつつもドームエディションとしてソロとか、もっと派手な追加変更を期待していたので少しだけ残念でした。
ただ、オニュ不在だからこそ、愛着のあるアリーナツアーの構成で見られたことに少し不安がまぎれたような気もします。

 

あ、ちびっこしゃいにー(キッズダンサー)の登場はよかったなあ。
子供といっても、ダンススキルは完全にプロで、SHINee本人たちがアレンジしながら自分のものとして完成している「LUCIFER」を、おそらく振り写しがあった通りに完璧に踊ってて、あープロが本気で踊るとこうなるのか・・・と貴重なものを見せていただきました。
でもエンディングで紹介をうけてメンバーに抱きついたり、だっこされたりするキッズたちは、とても無邪気でかわいくて、SHINeeのドーム公演に出たことが、今後のキッズたちのいいステップや、思い出になりますように…大成しておくれ!と願わずにはいられませんでした(目線が変)

 

今回ダンサーさんのクセがかなり強かったですねw
オニュのアンダーで踊ってくださった方々が(有名な方)絶対オニュそれやんないwwwって事をやってたのが面白かったり、歌わない分全力で踊ってくれたり、ああこれが「リノさんプロデュースか」とドームで感じ入りました。

(そういえば、ダンサーコーナーのLEDのアニメーションめっちゃかわいかった)

主役を食わんばかりにグイグイきてた事に賛否ありますが、趣旨的にはぜんぜんアリだったと思います。
オニュの不在にかかったのは不幸としかいいようがないけど、それで表現を変えるのは逆に失礼な話ですしね。

ただ日本人は見ている側と同等の繊細さをステージにも求めるので、そういう意味で空回りがあったな、とは思いました。

今回色々騒動があって、個人的には7割「騒ぎすぎでは?」という感想ですが、どこか内部のゴタゴタや統制の行き届かなさを感じてしまう公演であったことは確かで、それは残念です。
ただ、これまでも今もSHINeeがいろんなダンサー、歌手、クリエイターに目をかけられて、豊かにのびのびと育ってきたように、SHINee自身もまた後に続くクリエイターや表現者たちを育て、高めあえるような「場」を提供していくことはとても大事なことだと思います。
SHINeeのこれからにとっても必要なことで、やがてファンにとっても誇りになると思うわけです。

なかなか険しい道ですね^^;

でもどこかで続けていってほしいです


アリーナツアーでは幕間でのダンサーさんのコーナーだった「TELL ME YOUR NAME」はSHINee自らの極セクシャルなショータイムに様変わりしてました。

上着を脱いで、透明のムービングステージで四つんばいになり、腰をおもっくそ使うという。
露骨に情事!

オニュがいたらやばかったぞこれ!

 

個人的には露骨な性的アピールが嫌いなのですよ。オシャレじゃないしね。

加えてSHINeeのコンセプトである「弟」イメージが抜けないってのは大きいですが、とはいえ末っ子のテミンも24歳、そろそろ、そろそろくるかな~、覚悟していよう、と思っていたセクシーアピールが唐突に激化して、いざとなったらぜんぜんついていけてないという^^;

SHINeeのオシャレで中性的なとこがすきなの!!!!とか言ってられなくなってきた、セクシーアピールって往々にしてエスカレートしていくものなので。
肚を決めねばな_(:3」∠)_ 

 

オニュがいない寂しさは絶対消えないけど、オニュの穴は埋まらずとも4人でドームは満たされていたと思います。

あらためて4人のスキルの高さ、SHINee5人の結束力を感じた公演でした。
そしてオニュの不在にメンバーがちゃんと触れてくれたことに感謝しました。

 

オニュがドームにこれなかった事については、今日本に来ることで余計ややこしくなる可能性もあるし、オニュ自身が無理をしないといけない状態なら来ないでほしいという気持ちでおりました。
そりゃ5人じゃないと嫌だけど、対日本、対ファンだけの問題じゃないので。
今回の選択が今後も続いていくSHINeeの未来に功を奏すと信じます。