SPACE ANTENNA SEVEN

フリーランスナレーター&DJ nanakoのブログです。

 【2018年天文イベント】7月31日 火星最接近

7月31日は火星が15年ぶりに地球に火星最接近します。

今年の目玉のイベントの一つです。

 

目印は「赤い」「明るい」

ここまで赤くて明るい星は他にありませんので、夜空をさがせばすぐに見つけられるはずです。

これ以上に明るい赤い星は冬の夜空に出現する「ベテルギウス」が爆発した時くらいだと思いますので、自分の目を信じて大丈夫です。それが火星です。

(もっともべテルギウスが爆発すると満月以上に明るくなるともいわれていますが)

 

火星は2年2か月ごとに地球に接近しています。

前回の最接近は15年前、2003年の5576万km

それよりは若干遠いのですが、に6000万kmまで火星と地球が近づきます。

 

一番近づくのはたしかに7月31日なのですが、徐々に近づいて離れていく様子が日々空を見上げる事で観測できます。

一番わかりやすいのやはっぱり「明るさ」でしょうか。

だいたい6月下旬から9月上旬まで見ごろです。

この期間の火星はマイナス2等級。赤く明るい星は空を見上げれば否が応でも目にはいります。

 

しばらく一緒にいてくれますので、7月31日の最接近にこだわらずに楽しみましょう。

 

そのほか2018年の天文イベント一覧はこちらから。

nax2ko.hatenablog.com

 

わたくしのレギュラー番組のコーナーでも宇宙情報は随時お知らせしております。

nax2ko.hatenablog.com

 

【天文イベントを楽しむ上での注意】

・暗いところは危険がいっぱいです。交通事故に巻き込まれたり、川に落ちたりする事故も起こり得ます。かならず安全を確保した上で楽しみましょう。

特に小さな子供だけで絶対行かせないこと。

・ベランダなどから楽しむ場合はスマホや観測器具などを落とさないように必ずストラップを付けた状態で。

・太陽だけではなく月も強い紫外線を発しています、長時間見続けないように気を付けること、目をきちんと休めるようにしましょう。

・山や海など自然環境の多い場所で観測をする場合、夏でも冷えることがあります。ダウン、ひざ掛け、カイロなどを用意して体が冷えないように楽しんでください。

未来ラジオと人工鳩体験版大批評会でしたよ

暑い日は室内で下ネタラジオ聞くに限るな。

7月14日(土)未来ラジオラジオ拡大SP「体験版大批評会」でしたよ。

 

www.youtube.com

湯沸かし停電で配信が中断されるという、はいはいラプラシアンラプラシアン。な場面もありつつ

 

途中ご飯休憩、ふつおたの紹介もはさみつつ、ほぼ7時間で掲載許可をいただいた方すべての感想を読み終えました。

すわ論文!てくらい細かく分析してくださってたり、世界観やキャラクターにめちゃくちゃ感情移入されていたり、ユーザーの皆さんがどれだけリリースを心待ちにしているかが伝わってきました。これはもう私としてもまじで無事に発売されることを願うばかりですよ…。

お仕事中覗きに来てくださった方や、なんと最初から最後までお付き合いいただいた方もいらして、ご飯食べられたでしょうか、トイレは間に合いましたでしょうか。

長丁場お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

緒乃さんへのテキストライティングへの質問は私もすごく参考になりました。

ナレーションでもDJでも既存のコンテンツからナレーション、トークを書き出してコピーするというトレーニングがありますけど、脚本界?の通称「逆箱」のメソッドはさらに俯瞰で精密に感じました。私も一度やってみます。

 

正直長時間ずっと読みつづけるのはキツかろうかとおもったけど、笑いが多く意外とあっという間でした。

ただアーカイブ聞いてみると、最後のほうはだいぶ気抜けしてて「7/10(しちがつとおか)」を「じゅうぶんのなな」とか言うし、なんかパリパリうっせーな、プーチンが暴れてる音こんなにマイク拾ったっけ?と思ったら隙を見て(見たつもりだった)私がタコス食べてる包み紙の音だったり。なんだよ私かよ。

 

タイムチェックの心配がないとDJの仕事って半分なくなるようなもんなので、非常にラフに楽しくさせてたいだきました。

 

そりゃプーチンもあくびするわ。

f:id:nax2ko:20180715231943j:plain

 

次回の未来ラジオラジオは7月24日(火)20:00配信スタート予定です。

ゲストは葉月かぐや役の声優さん、神代岬さんですよ~。

【ごきげん!ひるMAX next.】臨床心理士の高間しのぶ先生がゲストでした!

少し間が空いてしまいましたが、すごく濃い内容でしたので少しだけレポです。

6月25日(月)はソレアカウンセリングセンターの臨床心理士、高間しのぶ先生をゲストにお迎えしました。


先生はスタジオの近くにカウンセリングルームをお持ちで、有料の心理相談をなさっている方ですが、地域貢献がしたいという事でご出演くださいました。

事前に募集した心理相談に沿って先生がコメントを下さるのですが、カウンセリングには「見立て」が一番大切で、相談者の生きてきた背景、現在の心理に何が起こっているのかという事を見立てたうえで、相談者本人の言葉を傾聴するのが本来のやり方だそうです。

 

今回はメール相談でしたので、見立ての精度は対面とは異なり、おおよその予想を立てて進めていくやり方とのことでした。

新聞やネットでの「お悩み相談」などで、相談者の事を「あなたが悪い」「相手が悪い」と短い相談内容から断定して回答されるのは、見立てが不十分な環境で読み物として成立させなくてはいけないからかもしれませんね。

 

さて、今回は3件の心理相談をいただきました。

「子供のころはああだった」とか「母との違う人種のように感じる」など、一見普通のメールにも読めてしまう文面の、とあるポイントに突如心理学がするすると入り込んでいく様子に圧倒されました。

高間先生は訥々とした様子でお話されているのですが、プロの妙技といいましょうか。

相談者の方にとってもなにかご参考になるようなことがあればDJとしても幸いです。


感情に優劣はなく、例えば「嬉しい」「楽しい」はいい事、「悲しい」「怒り」が悪い事、のような分類の仕方は心理学にはなく、すべてが自分を成す要素として大切なものであり、自分が怒っているのか嬉しいのかどうか、今の、あるいはいつかの気持ちに気付くことをマインドフルネスと呼び、安心感を得るための一つのメソッドなのだそうです。


わざわざそういうメソッドが提唱されていたり、それを応用したカウンセリングの技法が存在すると言うことは、自分の感情に気付くというがは自分で考えてる以上に複雑で難しく、重要な事なのでしょう。

 

そしてそのマインドフルネスを促すためには、第三者が話を聞いてあげることも必要なのだそうです。

よく

・結論のない話をぐだぐだしても無駄

・他人の愚痴を聞きたくない

なんて言ったりしますが、愚痴を聞いてあげる事でその人は自分自身が抱いている感情に気づき、マインドフルネスの状態になって安心していく、このことが生きていく上でとても大事で、聞き手はアドバイスや解決策を提示するのではなくただ聞いてあげるだけでいいのだそうです。

誰かの力になりたいと思ったあら、解決しようとする事とはまた別に、ただ話を聞いてあげてみてください。

もちろん他人の愚痴を聞くのは忍耐のいる事ですので、聴く側も愚痴を言えるような相手を見つけてくださいね。

 

今はネットですぐ反応が返ってくる時代だから、結論やアドバイスが提示されるスピードも速く、気持ちが置いてけぼりになりやすい時代なのかもしれません。

自分自身の本当の気持ち、マインドフルネスを目指していけるといいですね。 

 

心理学とは、一般的に雑誌でみるような人に好印象を与える心理学、人を好きにさせる心理学等、対人関係のプラスアルファのライフハック的なものだったり、人をコントロールするような印象もあったりしましたが、一般的に私たちが耳にする手軽な心理学と、臨床家の心理学の違いに驚きます。

 

高間先生の「心理学も万能ではないからすべて解決するとは限らない」という言葉もとても印象深かったです。

 

実は先生はタロットカードを持ってきてくださっていて、時間がなくてお話はうかがえなかったのですが、タロットカードは鏡リュウジさんも「心理学の実践ツールとして優れいる」と評されていました。

機会があれば改めてタロットに関連するお話も伺いたいですね。

 

私もごく個人的に心理学の勉強に手を付け始めているところですが、相談者に対する先生の配慮と深い心理学の世界の奥深さに感じ入りました。

一生かけてじっくり取り組んでいきたい分野だと改めて思いました。

 

高間先生のウェブサイトです。

カウンセリングの予約、お問い合わせ、メルマガ登録はこちらからどうぞ。

www.solea.main.jp

 

高間先生の相談者との対話と回復までの過程などが記されている本です。

孤独と愛着-ダブルファンタジーへ生きのびる人々-

孤独と愛着-ダブルファンタジーへ生きのびる人々-

 

 

 

そしてごきげん!ひるMAX next.月曜日では、リスナーさんを対象にひきつづき心理相談をゆる~く募集しております。
タイトルに心理相談と入れて送って下さい、匿名でももちろん大丈夫です。

 

投稿はメールフォームから

ラジオ番組宛メッセージ投稿フォーム | CLOVER MEDIA Radio&NetTV

ご相談内容が長文になる場合は文字制限があるので、ひるMAXのメールアドレス(max@clovermedia.jp)にお願いします。
皆様からのご投稿をお待ちしております。

 

高間先生ありがとうございました。

 

 

 

 

【ごきげん!ひるMAX next.】ゲストにわかないづみさんとハンサム判治さんをお迎えしました~

7月9日はごきげんひるMAX! next.のゲストにシンガーソングライターとハンサム判治さんをお迎えしました。

f:id:nax2ko:20180712011125j:plain

左 ハンサム判治さん  右 わかないづみさん(念のため)


ハンサム判治さんはデブパレード、ハンサム兄弟などメジャーでも活躍されているミュージシャンですが、今回は「わかないづみ」のプロデューサーとしてのご出演でした。
(NARUTOのエンディング「バッチコイ!!!」妹と一緒に見てました、NARUTOのEDの中で一番印象に残ってる曲です)


いづみさんはまだ23歳とお若いのにとってもプロフィールが濃い方で、ご両親のお仕事の関係で5歳まで海外で生活をし、帰国後子役として「Dr.コトー診療所」等のテレビドラマにレギュラー出演、高校時代に留学をし、大学卒業後は就職、OLを経験後「好きなことをやろう!」と思い立ち歌を始めたそうです。

 

そんなアクティブなキャリアからは想像できないようなふわふわした感じの方で、プロデューサーの判治さん曰く「わけわかんない」と^^;

 

でもひとたびウクレレを手に歌いだすと、その場の空気をすべて飲み込むような、静かな狂気と目をそらせないような迫力があって、彼女の人生の中で秘められたきた想いは、彼女が言葉とともに紡ぐ音の中にぎゅうぎゅうに凝縮されているのかなあ、と思いました。
そしてご自分のすべきこと、やりたいことへの迷いのなさに覚悟と知性を感じました。

それくらい明確な指向性を持った声で、とにかく掴まれました。
掴まれたというか、当てられてしまったというか。

 

ワンマンDJなので、基本的にスタジオライブをしていただいていても、次の段取りを考えたり、時間を見たりしていないといけない立場なのですが、思わず無言に。

こういう想いの強さ、私の中にもどっかにあったりするのだろうか…とかなんなら人生観を揺さぶられるような体験をしました^^;


いづみさんは歌の素養はおありだったそうですが、ウクレレはまだ数か月の初心者だそうです。

ウクレレ大使でもある判治さんの「ウクレレを親しみやすい楽器としてもっと世に広くPRしていきたい」「ウクレレ初めて数か月でもステージに泣てるんやで」というテーマも込められているそうですよ。


9月19日にコロンビアからCDデビューが決定したそうです。

レコ発ライブもあるそうです。行きたい!

 

詳細はこちらから。
wakanaizumi.jimdo.com

 

光栄なことに、いづみさんはじめてのラジオ出演で、夢だったのだそうです。

ありがとうございます。

いつでも大歓迎です、またいらしてくださいね!

【職業体験】新座二中の生徒さんが来てくれました~

7月2日の「ごきげん!ひるMAX next.」職業体験で新座二中の二年生4名が来てくれました。

担当番組がお昼になってから、職業体験を担当する事が増えました。

自分はなにげに嬉しいです。中学生と触れ合えるのが!

 

f:id:nax2ko:20180706011948j:plain

しかも今日は全員「最初から体験先にクローバーメディアを選択してくれた子」

でした。

よしよし!!

 

最初は緊張していたけどだんだん慣れて、自分の言葉でしゃべるようになってきて、積極性のある子、マイペースな子、しっかり取り組む子性格は色々だけど、みんな短い時間の中で自分の世界を表現してくれました。

 

学校で何はやってるの?って聞いた時に

「先輩の間で、後輩が挨拶をする時「こんにちわーこんにちわーこんにちわー」と先輩が通り過ぎるまで繰り替えさせるのを続けさせたい勢とやめさせたい勢で対立が激化している」

という話がすげー面白くて爆笑した。

 

懐かしい。

自分が中学生の時もありましたよ。自分は強権的な上下関係もそうだけど集団行動もダメだったので、逃れようがない場所ではわざと大仰にやって「そんなにやんなくていいから」とか「この場合はやらなくていいから」と言わせるようにしてました。恥も外聞もなく振り切ることで、相手にも恥をかかせるのがコツです。

 

でも、こういうくだらないとも思える問答無用の上下関係が世の中に存在するという事を知る研修だと思えば、まあ長い人生の中で経験しといてもいいんじゃないかな、という気はします。今は。

私はそれを小馬鹿にしなめくさってきたので、そののちの人生でやむをえず集団生活に加わる場合に地獄の苦しみを味わいましたよ。

そりゃ向き不向きはあるけど、訓練の機会を放棄したのは少し後悔しています。

と、言おうと思ったけど余計な事かとおもって黙っといた。

いつも余計な事しか言わないんですけどね。

 

やっぱり思ったのが、みんなナチュラルにオタク。

普通に声優志望だったり、漫画を描いていたり、ニコ厨だったり、エンターテインメントの選択肢がたくさんあることはすばらしいし、そういう世界が一般的なものになっていて隠さなくていいということも素晴らしいと思います。

完全に昔のオタクと違う。

昔は隠れてコソコソやることが美徳みたいな面もありましたよね。

今の若い子はKぽファン、声オタ、ゲオタも陽キャでぱっとみ属性がわからないよ!

 

みなさんどんな大人になるんでしょうか。

大人になったらまた遊びにきてね。

自分もDJ続けていたいなぁと思います。

 

 

生未来ラジオラジオ無事終了しました

生未来ラジオラジオ、東名阪ツアー終了しました

ラプラシアン代表の緒乃ワサビさんと回らせていただきました。

f:id:nax2ko:20180706001845j:plain

ご来場くださった方、ご関心をお寄せくださった方もありがとうございました。
それから、このような機会にお引き立てくださったラプラシアンさんと緒乃さんにも感謝感謝です。

まさか自分が「あの背景」デビューに至るとは光栄至極。

 

僭越ですが、わたくしからもすこしだけレポさせていただきます。

 

6/29 ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館さま

f:id:nax2ko:20180706001435j:plain

暑い中列を作って並んでくださって満員御礼でした。
また皆様イベント慣れされてるだけあって、たくさん盛り上がってくださりありがたかったです。
「是非直接ヤジを飛ばしてください」と言って本当にヤジが飛んできたのは東京だけでした(笑)ありがとうございますありがとうございます。


6/30 なんば店 ザウルス1さま

f:id:nax2ko:20180706001927j:plain

会場がでかい。
リスナーさん少なかったらお茶会形式でみんなで雑談しよう、とか言ってたらほぼ満席でしかも女性の童貞さんが全会場最高の4人。
ありがとうございます。
この会場ではワサビさんが直接手渡しでビジュアルガイドを渡しましたよ。

 

7/1 メロンブックス名古屋店さま

f:id:nax2ko:20180706002432j:plain
恐縮してしまうくらいお店の方が手厚く歓迎してくださって、本当に温かかったです。

「名古屋の人はモーニング文化のせいで朝方」という店長さんのお言葉通り、日曜のお昼にも拘わらずみんなテンションたっけー。ありがとうございます!
エンディング後にサイン会に発展。
3会場すべて参加され、6種のちんこんくんバッジをコンプされた強者もいらっしゃいました。

 

イベントではないですが、ツイッターで噂のアニメイト川西店様(兵庫)のポップ展開も生で拝見できました。

f:id:nax2ko:20180706003542j:plain

お店のカラー的に全年齢が基本なので、一見さわやかラブストーリーであるかのようなしれっとした展開に、なぜ、そこまで!という愛と熱意を感じました。

自分ただの緒乃さんの金魚のフンですけど図々しくもうるっと来たよ…。

 

3会場ともアーカイブされないのをいい事に、普段の未来ラジオラジオ以上にアクセルをベタ踏みで好き勝手言いまくる緒乃さんが実にいいかんじにアレしていたと思います。

愛されてるなあ。


あと、ちらほらとイケメンという告白をされていたようですので、緒乃さんの強火ファンの方へ"童貞を殺す童貞"サービスショット置いておきます。

(本当は資料用だけど)

どんぞ。

f:id:nax2ko:20180706003109j:plain

全年齢展開だっつってんのに色紙にちゃんこんくん書いちゃう緒乃氏

f:id:nax2ko:20180706002731j:plain

天下の往来だっつうのに路面ポスターにちゃんこんくん書いちゃう緒乃氏

f:id:nax2ko:20180706002741j:plain

サイン書きすぎて自分の名前ゲシュ崩する緒乃氏

f:id:nax2ko:20180706002944j:plain

貴重な正面。三日間エレフォンの冊子を肌身離さず持ち歩く緒乃氏

 

 

次回の未来ラジオラジオは「体験版ネタバレ大批評会」の予定です。

日程未定なのでツイッター等、公式サイトからチェックしてください。

 

ご飯も美味しかったよ。

f:id:nax2ko:20180706003622j:plain f:id:nax2ko:20180706003535j:plain

ありがとうございました~。

あっという間の楽しい時間でした。

あ、ポスターのサインですが、会場によってわたくしもちゃっかり書かせていただいてしまいました;

(サイン持ってないので縦書き署名ですが)

は、いや誰それ・・・となるべくならないように頑張りますので引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

【7月のマンスリーアジアンヒッツ】MOMOLAND/Bboom Bboom

 今月のアジアンヒッツはモモランドちゃんです。

どうゆうわけかこのタイミングで日本デビューしたEXID、今が売り時UNBまよいつつ。

BBoom BBoom<初回限定盤A>

BBoom BBoom<初回限定盤A>

 

 

このMOMOLANDは一期KPOPブームのT-ARAとかKARAのような歌謡ポップみ迸る古き良きKPOPの匂いがして、あの頃アゲイン!みたいな気持ちでMOMOLANDの日本デビューをほほえましく眺めています。

 

原曲の同タイトル「 Bboom Bboom」は韓国でも話題になって、リリース当時もご紹介したのですが現在日本語バージョンがブームにのって伸びているようですので、せっかくだからクローバーメディアでも聴いていただきたく。

 

歌詞もダンスも明快で覚えやすく、みんなで踊って楽しめる事でしょう。

 

 

にしても、日本語版のMV・・・まじ?

www.youtube.com

なんでさわやかなリゾートでドローン撮影。

MOMOLANDのカラーとコンセプトわかってんのか?

MOMOLANDの今となっては希少な古き良き泥臭さが台無しじゃないか!!!!

予算の関係も大きいのだと思いますが、日本は曲の世界観を箱庭演出で表現する事を放棄していると思う。

なんかあっちゃあすぐロケ。海ではしゃぐ。自然映像推し。長まわしで変な小芝居。少ないカット数。

テンポ命のKPOPの良さをなかなかいい具合に殺してくれてるなと思いますが、MOMOちゃんたちがロケ楽しんでいたならヨシ^^

 

ちなみに原曲のMV。

www.youtube.com

 

サビ終わりの「もりぶとぱくかじ」を「頭から」「足までも」と訳されていたのがおぉっ!となりました。

なかなかストレートかつクレバーな翻訳だと思います。

※「もりぶとぱくかじ」とは直訳すると「頭からつま先まで」で要するに全身とか体中とかいうニュアンスになってKPOPの歌詞では定番の頻出ワードです。