SPACE ANTENNA SEVEN

フリーランスナレーター&DJ nanakoのブログです。

宇宙

【2020年天文イベント】6月6日 半影部分月食

1月に続き、今年2回目の半影部分月食です。 1月と似たような時間帯に起きますが、食の最大が日の出と同時に起こるので、最後まで観測するのは日本では無理です。 東京での時刻 半影食の始まり 2時43分食の最大 4時25分 (60%くらいかけます)半影食の終…

都心の空にブルーインパルス

ブルーインパルスが飛んだよ~!!! 東京上空は3回目だそうです。 ミッションは前日の5月28日発表、ルート、時間は当日29日発表。 たまたま休みでした。なんだこのラッキー信じられない。 航空ファンの間では28日の時点で関東の拠点である入間基地に「ブル…

【2020年天文イベント】5月22日 水星と金星が大接近

通常は「天体接近」にカテゴライズされるイベントはのせてないのですが、天体観察をライフワークとする人間でもボーーーっとしてると見逃してしまう「水星」が金星と接近し、見つけやすくなるチャンスなのでご紹介します。 5月22日、日暮れ後、19時から19時…

【2020年天文イベント】5月6日 みずがめ座η(イータ)流星群がピーク

ハレー彗星が母天体の流星群です。 流星群は、彗星がふりまいた星屑に地球が突っ込んでいくことによって、その星屑たちが大気圏に突入し、流れ星となって次々に輝く状態の事を言います。 2020年は月齢13の月が空に輝いているので、観察条件は微妙です。月の…

【2020年天文イベント】4月29日金星最大光度

金星は、太陽、地球との位置関係によって一番明るくみえるタイミングが違います。 一番明るく見えるときを「最大光度」と呼びます。 夕方の西の空にひときわ明るく輝く星があれば、それが金星だと思っていいでしょう。 最大光度の金星 の明るさは-4.5等級。 …

【2020年天文イベント】22日 4月こと座流星群ピーク

4月22日あけて、23日の0時~未明頃が日本の見ごろです。 一時間に数個~10個程度出現数はあまり期待できませんが、今年は月明かりの影響がないので観測条件は悪くありません。 気温が温かくなってきているので、春の陽気をたのしみつつのんびり星見もいいで…

【2020年天文イベント】4月8日  スーパームーン

お釈迦様のお誕生日である4月8日にスーパームーンとは。 めでたさもひとしおですね(?) スーパームーンとは? ・スーパームーンとは地球と月が近い状態で満月になること。 ・天文用語ではない。 ・スーパームーンといわれても、スーパーじゃないムーンと…

【2020年天文イベント】1月11日 半影部分月食

2020年は半影部分月食が3回みられます。 そのうちの一つが1月11日起こります。 東京での時刻 半影食の始まり 2時05分食の最大 4時10分 (皆既月食まではいかないけど80%ほど食が起こります)半影食の終わり 6時14分 半影月食と一般的な月食は違って、は…

【2020年天文イベント】1月5日 しぶんぎ座流星群ピーク

新年最初のイベントはおなじみのしぶんぎ座流星群です。 ペルセウス座流星群、ふたご座流星群に並ぶ三大流星群のひとつで、毎年安定した流星を楽しむことが出来ます。 2020年は4日あけて5日の深夜~早朝が日本での見ごろです。 出現数は1時間に20個ほどと…

2020年天文情報一覧

今年の注目の天体イベント ベテルギウスの爆発が近いと言われてます。今日かもしれないし30万年後かもしれません。是非生きてるうちに見たいですね。 今年の目玉は6月の部分日食ですかね。半影月食という少しわかりづらい月食も3回起こります。あとは、公…

【2019年天文イベント】12月26日 部分日食

2019年最後の天文イベントの目玉、今年2回目の部分日食です。 インド、インド洋、インドネシアなどで起こる金環日食に伴う部分日食です。 日食グラスは手に入れましたか? まだの方はamazon、楽天、東急ハンズ等、是非手に入れてください。 今なら間に合う…

【2019年天文イベント】12月23日 こぐま座流星群がピーク

23日の夜から、あけて24日の未明まで、クリスマスイブに楽しめる流星群です。 今年は新月にかかるので、夜空が一晩中暗く好条件です。 出現数は1時間に5個程度と少ないですが、オリオン座のリゲル、ベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、ぎょしゃ座のスピ…

【2019年天文イベント】7月31日 やぎ座流星群ピーク

ゆっくり流れるのが特徴の流星群です。 流れ星が、キラッではなく「ふわ~~~~~」という感じに見えると思います。 28未明までが見ごろです。 月もさほど邪魔にならないでしょう。 1時間に多くて5個くらいと言われていますが、みずがめ座δ流星群と合わさ…

【2019年天文イベント】7月28日 みずがめ座δ(デルタ)流星群がピーク

夜半すぎると月が昇ってくるので、それまでは比較的好条件です。 出現数はさほど多くないかもしれませんが、やぎ座流星群なども加わり、流れ星が多い季節なので、ふと空を見上げるとキラリなんてラッキーもあるかもしれません。 【流星群をみるコツ】 ・空全…

【2019年天文イベント】7月17日  西日本で部分月食

月入帯食といって、欠けたまま沈んでゆく月食です。 日本では南西諸島・九州・東部を除いた四国・中国地方で観測できます。 日食のはじまり 那覇 5時01分 福岡 5時01分 食の最大 那覇 5時48分 福岡 5時19分 です。 関東在住の私は観測できないので、天文家…

【2019年天文イベント】6月27日 うしかい座流星群がピーク

そもそも活動しているのかどうかが怪しい流星群ですが、いつ活発になるか未知数の流星群でもあるので、もし次の日ニュースで見たりしたら「あ、こんなのがあったんだな」と名前を憶えてください(笑) 出現数は不明なので、よほどの天文ファンや専門家でないか…

NASAから火星行きの搭乗券がもらえます(ただし片道)

2020年に打ち上げられるNASAの火星探査機「mars 2020 rover」のキャンペーンを現在NASAのウェブサイトでやってます。 いえーい。 ここのサイトで名前を登録すると、名前の印字された火星行きのチケット(画像)がもらえるほかに、実際に火星で活動する探査ロ…

【2019年天文イベント】4月23日 こと座流星群がピーク

4月23日あけて0時~未明頃が見ごろです。 一時間に10個程度と数が少ないうえに、満月近い月がでているので月明りに邪魔されて条件は悪いです。 季節的に空気中の水蒸気も増えてきて、クリアな冬の星空に慣れていた目にも少し寂しい季節です。 ただ、気温は暖…

【2019年天文イベント】3月20日 スーパームーン

今年三回目、三か月連続のスーパームーンです。 もう書くことないのでまとめです。 ・スーパームーンとは地球と月が近い状態で満月になること。 ・天文用語ではない。 ・スーパームーンといわれても、スーパーじゃないムーンとリアルタイムで比較することは…

【2019年天文イベント】2月20日 スーパームーン

今年2回目のスーパームーンです。 1月の記事と重複しますが、スーパームーンは天文イベントとはいいづらく、「スーパームーン」という天文用語もありません。 うちゅとは地球と月が近い状態で満月になることを指しますが、 地球と月の最接近(もっとも近づい…

【2019年天文イベント】2月1日 昼間の金星と月の接近

昼間に金星が見えます。 朝の9時に「南中」といって、真南にいるので、デジタルコンパスなどを使って目安にしていただくのがいいと思います。 だいたい地平線から30度ほど上の位置にいます。 30度は意外に高いので、よっぽど高いビルなどに邪魔されない限り…

【2019年天文イベント】1月21日 スーパームーン

スーパームーンとは地球と月が近い状態で満月になることを指しますが、 地球と月の最接近(もっとも近づいた状態)にも複数の距離と定義があり、天文学の文脈にのっとった説明はやや難しいです。 しかも、見たところで「ああ、今日の月は地球に近いなぁ・・・…

2019年天文情報一覧

カジュアル目にご案内させていただいております。 今年の目玉はなんといっても年に2回の部分日食です。 日食の観測は充分な注意が必要です。 専用の器具を使い絶対に肉眼では見ない。連続で観測しないなど注意して楽しみましょう。 黒いポリ袋、サングラス…

【2018年天文イベント】12月14日 ふたご座流星群ピーク

12月14日はふたご座流星群がピークです。 毎年、その年の最後をしめくくる流星群です。 いつも安定した出現を見せてくれる三大流星群の一つです。 2017年は気象条件もよく、一時間に50個の出現で楽しませてくれました。 今年2018年も一時間あたり40個~100個…

【2018年天文イベント】12月2日 金星最大光度(明けの明星)

12月2日は金星が最大光度です。 最大光度の金星の明るさは-4.7等級。 明け方の空に明るく輝きます。 9月21日にも最大光度になり、その時は「宵の明星」として夕方の空に出現しました。 今回は明け方の空に輝きます。 もしろん前後の日も含めて、昇ってくる太…

【2018年天文イベント】11月18日 しし座流星群ピーク

11月18日はしし座流星群がピークですよ。 しし座流星群といえばやはり2001年の大出現ですよね。 あのときは一時間当たり2000個の出現がありました。火球の出現も多いと言われている流星群です。 流星群の大出現があると、関連する作品が発行されたり、人々が…

【2018年天文イベント】11月13日 おうし座北流星群がピーク

11月13日はおうし座北流星群がピークです。 月齢は5なので、観測条件は良い感じです。 ピークとはいえもともとの出現数はさほど多くない流星群です。 この流星群は10月10日にピークを迎えた「おうし座南流星群」の片割れです。 だいたい、「おうし座南」と「…

【2018年天文イベント】10日9、10日 10月りゅう座流星群&おうし座南流星群ピーク

10月9日は10月りゅう座流星群がピーク 10月10日はおうし座南流星群がピーク 二日間続けてピークを迎える流星群がやってきます。 月齢も新月に近いので、観測条件は良いでしょう。 なにより秋は明るい星が少ないので、流れ星や惑星のありがたみを特に感じる季…

【2018年天文イベント】9月21日 金星最大光度(宵の明星)

9月21日は金星最大光度です。 地球の隣の惑星である金星が、太陽、地球との位置関係によって一番明るく見える天文イベントです。 夕方の西の空にひときわ明るく輝く星があれば、それが金星だと思っていいでしょう。 最大光度の近世の明るさは-4.7等級。 太陽…

【2018年天文イベント】8月17日 伝統的七夕

8月17日は伝統的七夕(旧暦の7月7日)です。 もともとは七夕は旧暦のイベントなのです。 新暦の7月7日なんて梅雨まっただなかなのに、織姫と彦星が会えるわけないでしょ! 短冊書いたって雨に濡れるでしょ! ってことで、ぜひこの伝統的七夕を定着させていき…