読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPACE ANTENNA SEVEN

フリーランスナレーター&DJ nanakoのブログです。

SHINee WORLD 2014~I'm Your Boy~ @代々木国立体育館

MUSIC REPORT

まず、SHINee東京ドーム公演決定おめでとー!!

都内と近郊で大型プロモーションされているようです。

f:id:nax2ko:20141214134043j:plain わー!

【超余談】わたし池袋の某社で広告宣伝担当だったのですが、かつて担当した掲出物の横に彼らがいるってのはささやかな喜びでした。

f:id:nax2ko:20141214134051j:plain特殊広告、設置料もお高いわよッ。

 

さてホールに続き、代々木最終日行ってきました。

今回なんと、アリーナA5の前のほうで。花道からだとメンバーが5~10メートル先くらいにくる!

神席すぎて、目の前で起こる状況の認知が追いつかなかったです。

近すぎて双眼鏡のピントが合わないし、全員と目あったし(ツッコミ不要)

モニター越しでは分からない、微妙なご本人達の表情や動作のニュアンスが分かる絶妙な位置でした。

 

で、思ったのは、基本彼らは自分のボードとうちわを持ってるペンをチェックしてるわ!!

ジョンなんて、見てないふりして髪の毛直す振りとかしてしっかり見てるし。

そういうのを実感しました(笑

日常生活にあるようなそういうささいな遠慮と駆け引きみたいなのがアーティストとペンの間にもあるのだね。全員と一対一のコミュニケーションはできないもんね。

 

私の前に座っていたミノペンのお嬢さんが、大きい模造紙に書いた手紙を掲げてて、そしたらミノが花道で足をとめて、その子を指差して手紙を読んで。そのあとしっかりその子を見てて「読んだよ!」的な合図!!!

私も含め、回りの人も、その子におめでとう!と祝福する事態に発展。
ちなみに韓国語で「いつも笑顔と幸せをありがとう」と書いたらしい。

 

ファンサの神なんていわれてるミノですが、ほんとに衒いがなく熱くてインタラクティブで、こんな間近でそれを見られるなんて思わなかったので感動でこっちが泣くかと思いました。

行く前は良席に気後れしていたんだけど、アーティストとの距離が違うだけでこんなにライブが変わるとは・・・しっかり満喫!

 

曲のこと全然書いてないけど、すごくよかったです。ホールと音響が違う事もあり、バンドさんの音もオニュとジョンの生歌も。あらためて代々木で聞けてよかった。

 f:id:nax2ko:20141214134100j:plainもちろん雨よ!

セトリが悲しくて、韓国盤をBGに半泣きで帰った去年のさいアリが嘘のよう(笑)

彼らも、ペンも、運営も、楽曲の方向性も一年たちゃあ色々かわりますね。私も。

ほんとに楽しいライブでした。Thanks All!